医療保険調剤報酬事務士

スポンサード リンク

受講期間内なら何度でもチャレンジ可能!

医療保険学院によって主催されている検定試験に合格すると与えられる「医療保険調剤報酬事務士」の資格は、調剤薬局や医療業界においては転職や就職にとても有利な資格として人気があり、採用側も一目置いている資格としても知られています。

 

医療保険調剤報酬事務士の資格を取得するには、毎月1回行われている講座を受講して修了し、そのあとに試験を受けて合格することが必要です。受講中にはレポートの提出も3回ぐらいありますし、中間試験などもあります。

 

最終的な試験は、調剤レセプトの作成を行います。試験のためにどこかの会場へ足を運ぶ必要はなく、自宅でレセプトを作成して提出できるので、仕事をしながら資格取得を目指している人などにとっても嬉しいですね。

 

通信教育などを利用してきちんと試験の対策をしていれば、問題なく合格できる医療保険調剤報酬事務士の資格ですが、万が一合格できなかった場合でも、再試験を受けることができます

 

再試験は受講開始から1年以内なら何回でも受けることができますが、その際にかかる受験費用4000円は、自己負担となるので注意しましょう。

 

ちなみに、受講スタートから1年以内に合格できなかった場合には、受験資格を失ってしまいます。
その場合には、再度講習会を受けて受験資格をゲットする必要があります。

 

スポンサードリンク

 

試験概要

 

受験資格 医療保険学院が行う調剤報酬事務教育講座の中間テストに合格した者
受験科目 医療保険学院が行う調剤報酬事務教育講座のカリキュラムに準拠
合格率 公表なし
実施時期 年12回(毎月)
受験料 初回は無料。2回目以降は4000円
受験地 自宅

 

問合せ先

医療保険学院検定委員会
〒113-0034   東京都文京区湯島3-37-4 CIC湯島ビル9F
TEL:03-3832-6214
http://www.mic-kk.co.jp/school/

 


このページの先頭へ戻る