医療事務と調剤薬局事務の違い

スポンサード リンク

調剤薬局が職場になる

医療事務と調剤薬局事務、どちらも医療業界でレセプト作成などの事務業務をこなす仕事です。

 

このうち、医療事務の資格を取得するためには、入院、手術、処理、薬剤など、取り扱う分野が膨大な範囲になってしまうため、受験勉強もそれに対応するべく、かなりの量を網羅しなければいけません。
得意な分野もあれば苦手な分野も出てくるでしょうし、資格取得までの時間もかなりかかってしまうかもしれません。

 

しかし、調剤薬局事務なら、カバーしなければいけない分野は薬剤という分野のみ。他の分野については勉強する必要もありませんし、深く知る必要もありません。

 

そのため、医療業界へ初めての転職を考えている人や、薬学の知識や医療についての知識があまりない人などでも、抵抗なく資格取得への準備をすることができます。

 

最初は調剤薬局事務の資格から始めて、その次に医療事務の取得にチャレンジする人も少なくありません。医療系事務の資格を二つ持っていることによって、就職や転職のチャンスもぐんと増えますから、関心がある人はダブル取得を目指すのも悪くないのでは?

 

調剤薬局事務,医療事務,違い,職場

医療事務と調剤薬局事務では、実際に仕事をする職場も異なります。医療事務の仕事は、病院がメインの職場になりますが、調剤薬局事務は調剤薬局が職場となります。

 

病院で診察を受けた患者さんが、処方箋をもって薬局に足を運びますよね。その薬局で事務をこなすのが調剤薬局事務の仕事となります。

 

近年は医療の分業が進んでいるため、病院の近隣に存在する調剤薬局の数も増えています。そのため、これから調剤薬局事務のニーズも高まってきそうですね。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ戻る