調剤薬局事務の仕事内容

スポンサード リンク

処方せんの受け取りから会計、レセプト作成など

調剤薬局事務の仕事は、レセプトと呼ばれる調剤報酬明細書を作成するのがメインのお仕事ですが、それ以外にも調剤薬局によっていくつかの仕事が加わります。

 

請求業務

調剤薬局事務のメインの仕事は、このレセプト作成業務です。
病院で受け取った処方箋をもって、患者さんが調剤薬局へ足を運びますが、処方箋にかかる費用は、患者さんと保険者とがともに負担することになります。
それぞれの負担分を計算して調剤報酬明細書を作成するのが、調剤薬局事務のお仕事になります。

 

接客業務

調剤薬局に入ると、受付の人が明るく出迎えてくれますよね?調剤薬局での受付の仕事も、調剤薬局事務のお仕事になります。
処方せんをもってやってくる患者さんと最初にコミュニケーションをとる受付業務では、保険証を確認したり、処方せんを受け取ったりの簡単な業務を行います。

 

会計

薬剤師によってアレンジされた調剤を患者さんに渡しながら、会計業務を行うのも、事務職である調剤薬局事務のお仕事になります。

 

大規模な調剤薬局になると、複数の調剤薬局事務が勤務していることもあったりします。
そうすると、こうした仕事が分業化されていることもあるようですが、小規模な調剤薬局では、調剤薬局事務がてきぱきと顧客対応も行うことになります。

 

時間帯や曜日によっては、猫の手も借りたいほど忙しくなりますが、電子化が進んでほとんど残業もなく、休日出勤などもほぼないのが調剤薬局の大きな特徴。家庭と仕事を両立しやすい仕事なので、女性に人気が高い資格です。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ戻る