調剤薬局事務とはどんな仕事?

スポンサード リンク

いま取りやすい医療系の資格!

調剤薬局事務,資格取得,レセプト,検定試験

調剤薬局事務とは、調剤薬局の中で「調剤報酬請求事務」と呼ばれる事務作業をメインにおこなう仕事です。

 

調理報酬請求事務とは簡単に言うと調剤日請求のためのレセプトを作成する事務作業のことですが、専門的な知識がなければ作成することができません。
そのため、薬局で事務の仕事をしたい場合には、調剤薬局事務という資格が必要になります。

 

医療系の資格は誰でも簡単に取れないような難易度が高い国家資格も少なくありませんし、資格を取得するために特定の学部を卒業していなければいけなかったりして、いろいろ条件が厳しいものも多いですよね。

 

しかし、調剤薬局事務という資格は、比較的難易度が低いので、誰でも勉強して準備をすれば合格できる資格として人気があります。

 

医療業界への転職を考えている人、家庭と仕事を両立したい人などにも人気のある調剤薬局事務という資格。 現在フルタイムで仕事をしながら勉強しなければいけない人や、育児の合間を縫って勉強しなければいけない人などでも、比較的ストレスをためずに勉強して取得できる資格として人気があるようです。

 

暗記よりも正確さを重視

資格を取得するというと、膨大な量の知識を暗記しなければいけないことも少なくありません。
しかし、調剤薬局事務の場合には、レセプトを正確に作成するのがメインの仕事なので、何かを暗記しなければいけないという必要がありません。

 

覚えるのが苦手な人でも十分に合格できるチャンスがあるのも、この資格が人気の理由かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ戻る