調剤事務管理士技能認定試験

スポンサード リンク

合格者には調剤事務管理士の称号を授与

技能認定振興協会(JSMA)が開催している調剤事務管理士技能認定試験は、奇数月の第4土曜日に実施されています。年に6回受験のチャンスがあるので、調剤事務管理士になりたい人にとってはうれしいですね。

 

調剤事務管理士技能認定試験を受験するための資格は、特に設定されていません。年齢制限や学歴制限などもないので、誰でも調剤事務管理士になりたい人なら受験をすることができます。

 

レセプトを作成するのがメイン業務となる調剤事務管理士は、レセプトを書くことに慣れることが試験合格への何よりの近道となります。通信講座などを利用して、レセプトに慣れ親しんでおくことが必要です。

 

認定試験は、マークシートタイプの学科試験が10問と、レセプト作成やレセプト点検に関する実技試験が3問出題されます。

 

医療分野の中で調剤に関する知識を取得すればよいので、それほど暗記して覚えなければいけない部分も多くありませんから、きちんと受験対策をしていれば、合格は難しくありません。
ちなみに、調剤事務管理士技能認定試験の合格率は60%となっています。

 

調剤事務管理士技能認定試験を受験したい場合には、JSMAに資料請求することから始めましょう。
資料請求や試験の申込などはすべてはインターネットで簡単に行うことができます。

 

受験にかかる費用5000円は、振込でもOKですし、コンビニ端末からの払い込みでも対応しています。

 

また、JSMAでは、試験対策用の問題集や、通信教育講座なども取り扱っています。受験対策として活用するのも良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

試験概要

 

受験資格 不問

 

 

 

 

 

受験科目

学科・・・マークシート形式10問

 

1.法規(医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識)
2.保険請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成・ 薬剤用語等の知識)
3.薬の基礎知識(医薬品・薬価基準の基礎知識、薬の作用等)

 

実技・・・3問
1.レセプト点検問題(1問)
2.レセプト作成(2問)

 

合格率 約60%
実施時期 年6回(奇数月の第4土曜日)
受験料 5000円
受験地 札幌・旭川・仙台・福島・山形・盛岡・東京・横浜・千葉・埼玉・甲府・群馬・栃木・茨城・新潟・長野・名古屋・三重・静岡・沼津・金沢・大阪・奈良・神戸・京都・岡山・島根・広島・松山・高知・福岡・宮崎・熊本・沖縄

 

問合せ先

JSMA技能認定振興協会
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-12-17 久保田ビル6F
TEL:03-3864-3559
http://www.ginou.co.jp/chozai/tabid/159/Default.aspx


このページの先頭へ戻る