医療事務の経験があれば調剤事務もできますか?

スポンサード リンク

調剤薬局事務Q&A

医療事務の経験を調剤事務にも活かせますか?

調剤事務のお仕事は、調剤の分野でのレセプト作成がメインの業務となります。

 

医療事務のお仕事もレセプト作成が多いですが、医療事務の場合には、入院や治療、処置、調剤など、調剤事務よりも多くの分野に関しての知識が求められますし、レセプト作成も多くの分野に関して行わなければいけません。

 

そのため、調剤事務よりも暗記したり、資格取得のためにカバーしなければいけない範囲が多いといわれています。

 

一方、調剤事務の場合には、調剤の分野のみをカバーすれば良いので、医療事務よりも資格取得は比較的簡単だとも言われています。

 

そう考えると、医療事務の経験があれば、ある程度は調剤に関する知識もありますし、レセプト作成にも慣れているので、調剤事務の資格取得は、それほど難しいわけではないと思います。

 

ここで注意したいのは、医療事務の資格で調剤という分野をカバーしていても、医療事務の資格が調剤事務の資格も兼ね備えることができるかというと、そうではないという点です。

 

調剤薬局で調剤事務の仕事をするためには、調剤事務の資格が必要になり、医療事務の資格で代用することはできません。

 

そのため、医療事務として仕事をしながら、転職のチャンスを増やすために調剤事務の資格も取得する人が少なくないようですね。

 

調剤事務の資格を最初にとって、それから医療事務の資格を取る人もいれば、最初に医療事務の資格を取り、そのあとに調剤事務の資格をゲットするという人もいるようです。
似ているようで異なる資格なので、順番がどちらでなければいけないということはないようです。

 

スポンサードリンク

医療事務の経験があれば調剤事務もできますか?関連エントリー

調剤薬局事務の給料や年収は?
調剤薬局事務の給料については、一般事務職と同じで、都市部で20万〜25万程度、地方で15万円〜18万円程度が多いです。勤務先によってもかなりのばらつきがあります。
調剤薬局事務で働くにあたってパソコンの資格は必要?
現在、レセプトを作成する際は、パソコンに必要項目を記入していくことになっています。最低限のパソコンスキルはもっておかないと、就職してから大変な思いをするかもしれません。
子育てしながらでも調剤薬局で働けますか?
「働きたくても小さな子どもの世話が・・」という女性にもおすすめなのが調剤事務の仕事。パートやアルバイトであれば、子育てしながらでも働きやすい環境になっています。
調剤事務の勤務時間や休日について教えて下さい。
調剤事務の勤務時間や休暇については、調剤薬局、ドラッグストア、病院内の薬局により異なります。自分の希望に合った職場を選びましょう。
調剤事務の資格を取得した後、就職先はありますか?
調剤事務の資格を取得してから就職先が見つかるかどうか気になるところですが、医薬分業が進みニーズは増えています。通信講座の就職サポートも利用すると安心です。

このページの先頭へ戻る